司法書士の資格を持っていると、どんなことができる?

司法書士というのは、弁護士や税理士、あるいは公認会計士などと同じ国家資格で、司法書士といえば、普通は司法書士の資格を持った人を指しますが、その資格の取得システム全体を指す場合もあります。

 

では司法書士の資格を持っている人は、どんな事が出来るかというと、その資格範囲は広く、「司法書士って、具体的にはどんな仕事なの?
」と言われて、司法書士自身が説明に悩むほどです。

 

司法書士の仕事を一言で説明すれば「法律にまつわる公式文書作成や、手続きを代行する仕事」となりますが、これは相当アバウト≠ノ説明したもので、具体的に説明すると司法書士の仕事は主に3つに分けられます。

 

街を歩くと「司法書士事務所」の看板が上がったオフィスをちょくちょく見かけますが、一般人が司法書士事務所を訪れる事はあまりありません。

 

司法書士の仕事で一番多いのは「登記業務」です。

 

登記というのは土地や建物の買ったり売ったりする場合、管轄の法務局に行って登記をしなければなりません。

 

司法書士はこの登記に必要な書類の作成や、手続きを代行する事が出来る資格なのです。

 

土地や建物に関連する登記は不動産登記≠ニいいますが、他にも会社を設立したり、会社の業務内容を大きく変更する場合にも、やはり登記が必要でこれは商業登記≠ニいいまして、司法書士はこの商業登記に関する提出書類の作成や、手続きの代行を行うことも出来る資格なのです。

 

司法書士の仕事でもう少し専門的な仕事になりますと、司法書士は法律に関係するあらゆる公文書を作成する事が出来ます。

 

法律に関する公文書というのは、法律文書≠ニいって、裁判所や検察庁、あるいは法務局に提出する書類の事です。

 

たとえば民事のトラブルで裁判所に訴えられた場合や、オービスでスピード違反の現場が撮影されて起訴された場合、その訴状に不服があった場合、それに対しての反論は文書で提出する事になります。

 

基本的には被告が自分である時には、自分で書いても問題はありませんが、民事裁判にしても刑事裁判にしても法律文書には定められた書式に則って作成した方がいいので、そういう法律文書の作成を代行してくれるのが司法書士だというわけです。

 

そして司法書士の有資格者の中でも、法務大臣と司法書士会の認定を受けた認定司法書士≠ニ言われる人は、民事裁判で訴訟金額が140万円以下の事件であれば、弁護士と同じ権限を持って裁判を起こしたり、被告の弁護をする事が可能です。

 

140万円以下の民事事件というのは通常、簡易裁判所で審理される事件で、報酬の高額な弁護士センセイだと、そんなセコイ事件≠ノ関わってくれません。

 

エライ弁護士先生にとっては大した事件でないとしても、当事者にとっては大事件≠ナすので、そこで頼りになるのが認定司法書士であるというわけです。

関連リンク&お役立ちリンクです。

自己破産と借金返済相談
自己破産をしようと思っている人、本当に自己破産が最善でしょうか?借金問題は、まずプロに無料相談してみましょう。

お役立ちリンク&関連リンク

自己破産などお金の悩みは無料相談から
自己破産をしようと思っている人、本当に自己破産が最善でしょうか?借金問題は、まずプロに無料相談してみましょう。