司法書士の仕事・収入記事一覧

司法書士事務所というのは、文字通り司法書士の経営する事務所の事で、司法書士がする業務一般を扱っているところです。司法書士事務所を多く見ることが出来るのは、各自治体の法務局や地方法務局の周りでしょう。司法書士の数ある仕事のうちで、最も多いのは、土地や建物に関する不動産登記や、会社設立や会社の業務変更に関する商業登記であり、これらの登記業務を行っているのが法務局ですから、司法書士事務所は法務局の周りに...

「司法書士」と言ったら、難しいイメージばかりが先行している職業ですね。でも、司法書士の業務内容をスラスラと答えられる人は、そう多くはないのではないでしょうか。私達が司法書士の方に一番お世話になる機会といえば、登記申請の際かもしれません。具体的には、不動産登記や商業登記などがそうですね。例えば、マイホームを購入した場合や建物を相続した場合、会社を設立した場合などには、登記申請が必要になるため、司法書...

司法書士の求人情報には色々あります。難関だった司法書士試験に合格して司法書士の資格を取ったら、当然その資格を活かして就職したいものです。そんな場合、とりあえず司法書士の求人情報を探すわけですが、司法書士の求人求人情報の探し方そのものは、他の求職活動とさほど変わりはありません。オーソドックスに求人情報誌を見てみたり、ハローワークで司法書士の求人を探したりする方法や、インターネットを使って司法書士の求...

司法書士といったら、堅い職業で年収も相当高い、将来安泰なイメージがありますよね。けれど、本当にそうなのでしょうか?司法書士という職業は、個人で開業している人も多い事から、廃業する人はほとんどいないといわれています。という事は、年々、司法書士人口は増えているわけです。けれど、それに伴って仕事の件数も増えているわけではありませんよね。さらに、個人で開業していると営業がおろそかになりがちで、決まった仕事...

司法書士の報酬や手数料は、基本的に完全自由化されています。司法書士の報酬というのは、当然司法書士に仕事を依頼した場合の金額ですが、この報酬金額は平成15年に完全自由化されました。司法書士の主な仕事は裁判所や検察庁、あるいは法務局に提出する「法律文書」と呼ばれる公文書を作成したり、手続きを代行したりする事です。たとえば、民事訴訟で訴えられた場合、その訴状に不服があって、公判までに反論文書を裁判所に提...

司法書士の年収はかなり高額だと言われています。国家資格の取得をするのに、独学で勉強する方も数多くいらっしゃいますが、専門学校や予備校に通う人も少なくありません。それらの専門学校や予備校は当然商売でやっている関係上「この国家資格をとればこんなメリットあります!」と大々的な宣伝をしています。国家資格のメリットとして、判りやすくインパクトを与えるのは、その資格で得られる報酬、つまり年収≠ニいう事になる...