司法書士の年収っていくらくらい?

司法書士の年収はかなり高額だと言われています。

 

国家資格の取得をするのに、独学で勉強する方も数多くいらっしゃいますが、専門学校や予備校に通う人も少なくありません。

 

それらの専門学校や予備校は当然商売でやっている関係上「この国家資格をとればこんなメリットあります!」と大々的な宣伝をしています。

 

国家資格のメリットとして、判りやすくインパクトを与えるのは、その資格で得られる報酬、つまり年収≠ニいう事になるわけです。

 

そんなわけで専門学校や予備校が宣伝している司法書士の年収ですが、『司法書士の年収は平均して1400万円』だという事になっています。

 

この平均で1400万円という司法書士の年収の信憑性なのですが、どうやって特定の職業の平均年収を調べたのかは不明だという点は置いておいて、当たらずしも遠からずというのが実情です。

 

ただくれぐれも勘違いしてはいけないのは、1400万円という年収は、あくまで平均年収≠ネのです。

 

実は司法書士の年収で1400万を越えている人は決して珍しくはありません。

 

という事は、逆に考えれば、1400万円の平均年収を遥かに下回る司法書士の方もまた数多くいらっしゃるということになります。

 

まず司法書士の資格を持っていたとしても、司法書士事務所などに就職したサラリーマン司法書士≠フ場合、決して年収1400万には届きません。

 

長く務めればある程度の昇給もあるでしょうが、初任給の段階では年収300万円から400万円程度だと思っていた方がいいでしょう。

 

ただ、そうしたサラリーマン司法書士の場合、高額な年収は見込めないものの、安定した収入を得られるというメリットもあります。

 

司法書士の資格を活かして、より高額な年収を求める方は、独立して自分の司法書士事務所を設立する事ですが、この方法はまさに諸刃の剣≠ナす。

 

自分で司法書士事務所を経営する場合、司法書士としてのスキルの他に仕事を取ってくるという営業能力≠熾K要になります。

 

ですから司法書士の業界に何のコネもない状態では、仕事も入らずリアルな話で、年収100万円程度だという司法書士さんも実在します。

 

もっとも司法書士資格を取ったら、事務所所在地を管轄する都道府県司法書士会へ入会することが義務付けられていますので、司法書士業界にコネが全出来ないという事はありえませんが、年収を確保するために営業努力をしなければ、事務所を開いただけでは高額の報酬は得られません。

 

そのかわり、司法書士として独立すれば、うまく顧客を捕まえる事が出来れば、前述のように、一般的に言われている司法書士の平均年収を遥かに越えた報酬を稼ぎ出す事も可能なのです。

 

サラリーマン司法書士として、普通のサラリーマンよりは高い給料で安定した収入で、コツコツ生きるか、独立して厳しい営業を経て高額な年収を掴み取るかは個人の自由ですが、司法書士の収入は、一概に平均年収だけで判断できるものでない事だけは確かです。

関連ページ

司法書士の仕事ってどんなの?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士の業務って?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士の求人情報って?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士って儲かるの?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士の報酬や手数料はいくら位?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。