司法書士の仕事ってどんなの?

司法書士事務所というのは、文字通り司法書士の経営する事務所の事で、司法書士がする業務一般を扱っているところです。

 

司法書士事務所を多く見ることが出来るのは、各自治体の法務局や地方法務局の周りでしょう。

 

司法書士の数ある仕事のうちで、最も多いのは、土地や建物に関する不動産登記や、会社設立や会社の業務変更に関する商業登記であり、これらの登記業務を行っているのが法務局ですから、司法書士事務所は法務局の周りに開業されるケースが多いわけです。

 

ただ、最近登記業務がインターネットを利用したオンライン申請が導入されたり、司法書士法の法律が改正された事で、司法書士事務所の扱う仕事もだんだん変わってきています。

 

司法書士は国家資格で、受験資格は特に制限はないので誰でも受験できる試験ですが司法関連の資格ですので、合格率が低いのでも有名な資格です。

 

そんな司法書士の資格に合格したからには、その資格を活かして高収入を目指したいものです。

 

司法書士の資格を使って高収入を得るには、既存の司法書士事務所に就職してサラリーマン司法書士≠ノなるよりは、独立して自分の司法書士事務所を開業する事でしょう。

 

将来的に独立を前提にして、既存の司法書士事務所に勤める方も少なくありませんが、資格を取得した時点で、いきなり自分の司法書士事務所を開業する人もいます。

 

司法書士の仕事は基本的に知識だけが頼りの頭脳労働で、他の業種に比べて商品の仕入れなどは必要ありませんし、事務機器以外に必要な設備投資も不要です。

 

従って、開業資金は他の業種に比べて極めて安く済むというメリットがあります。

 

ですから、司法書士の資格を取った時点で、サッサと独立する事は、資金的にはそれほど難しくはありません。

 

しかし、司法書士の仕事は看板を上げて待っていれば客が来るという仕事ではありません。

 

司法書士事務所を経営していくには、仕事を取ってくる≠ニいう営業力が必要になっています。

 

資格を取っただけで、業界に何のコネもなく開業しても司法書士の資格を利用した仕事を取ってくるのは難しいでしょう。

 

司法書士の資格を取った後に、実務の修行を積む目的で既存の司法書士事務所に勤めてサラリーマン司法書士になる事は、業界にコネを作ることと、仕事の取り方を覚えるという意味でも有益な事だといえます。

 

ただ、前述の様に近年司法書士の仕事は、従来の公文書の代筆屋≠ゥら、小額の民事訴訟を扱える街の法律相談屋≠ノ変わってきています。

 

昔ながらの業界のコネよりも、斬新なアイディアで、新しい顧客を獲得するという手もありますので、実務経験無しで司法書士事務所を開業するいい時代かもしれません。

関連ページ

司法書士の業務って?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士の求人情報って?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士って儲かるの?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士の報酬や手数料はいくら位?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士の年収っていくらくらい?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。