司法書士試験について記事一覧

司法書士試験は、年に一度法務省によって実施されます。司法書士試験の受験資格は年齢・学歴不問で、要するに誰でも受験できるという、司法系の国家資格としては、結構門戸の広い資格です。司法書士試験の試験時期は毎年7月の上旬に筆記試験が、そして10月の中旬に口述試験が行われますが、試験会場の多くは最寄りの法務局で行われる事が多いようです。独学で司法書士試験にチャレンジしようとした場合、受験のための申請書類で...

司法書士の合格率は、毎年3%未満だと言われており、国家試験の中でも、この司法書士の合格率は相当低い方で、司法書士試験は高難易度のものだと思っていいでしょう。司法書士という資格は、法律文書の作成や手続きを代行したり、簡易裁判所で扱う定額の民事訴訟を弁護士と同等の権限をもって扱える、いわゆる法律のプロ≠ネのです。しかしその司法書士になる為の司法書士試験を受ける受験資格には、特に規制はなく、年齢や学歴...

司法書士試験は、かなりの難関国家試験として有名ですね。合格率でいえば、公認会計士試験や不動産鑑定士試験、弁理士試験などの合格率より、さらに低くなります。また、偏差値の高い大学の学生でも現役で合格できる人は数パーセントという合格率の低さから、途中で挫折してしまう人も多いのが司法書士試験です。では、その難しさの理由とは何処にあるのでしょう?司法書士試験は、・憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野に関...