司法書士の合格率ってどれくらい?

司法書士の合格率は、毎年3%未満だと言われており、国家試験の中でも、この司法書士の合格率は相当低い方で、司法書士試験は高難易度のものだと思っていいでしょう。

 

司法書士という資格は、法律文書の作成や手続きを代行したり、簡易裁判所で扱う定額の民事訴訟を弁護士と同等の権限をもって扱える、いわゆる法律のプロ≠ネのです。

 

しかしその司法書士になる為の司法書士試験を受ける受験資格には、特に規制はなく、年齢や学歴に関係なく誰でも受験できるという、司法関係の国家資格にしてはちょっと珍しいほど門戸の広い℃相i試験でもあります。

 

ですから、司法書士試験には、とりあえず司法書士試験とは、どの位の難易度をもった試験なのか、試しに受験してみるというお試し受験≠竅A「俺は司法書士試験を取ろうと司法書士試験を受験した事がある」という話のネタが欲しいだけで受験してみる記念受験≠ニいった、はじめから合格を目的にしていない、冷やかしのような連中も司法書士試験にチャレンジするケースもありますので、そうした連中が不合格になる事で、司法書士の合格率を下げているという一面があるような気もしますが、司法書士の合格率が3%程度なのは、他にも理由があります。

 

実を言うと、司法書士試験の試験方式は「各科目で何点以上取ったら全員合格」といった絶対評価≠ナはなく、毎年受験者のレベルに合わせて合格ラインが変化する相対評価≠ネのです。

 

具体的には、毎年筆記試験の合格基準点が変化するのです。

 

たとえば平成17年度の司法書士試験で、筆記試験の合格基準点は、262点満点中203.5点以上というとてもハイレベルな合格ラインでした。

 

わかりやすく100点満点の場合に換算すると80点以上の点数を取っていなければ、筆記試験は不合格だという事です。

 

なぜ司法書士試験の場合、筆記試験の合格基準点が変化するのかは具体的にはわかっていないのですが、一説には筆記試験の記述問題の受験者数を全国で2500人に制限しており、マークシート試験の上位2500位までの取った点数が合格基準点になるという説が実しやかに囁かれています。

 

この説は結構信憑性があるもので、司法書士試験の筆記試験はマークシート方式と記述方式に分かれており、マークシート方式は機械で採点が可能ですが、記述試験はどうしても人間が採点しなければなりません。

 

そうなると採点にするには事務的な手間がかかり、その採点処理能力の限界が2500人分で、それを越える分は全て足切り≠ウれるわけです。

 

ただ、逆に考えると平成17年度は3100人を越える受験者がいましたが、2500人の足切りライン説≠ェ本当だとすると、全体の80%近い受験者が合格基準点をクリアしていた事になり、相当レベルの高い司法書士試験だった事になりますが、実は最近、司法試験を諦めた連中が司法書士試験に流れてくる現象もあり、司法書士試験を受験する側のレベルは年々上がっているらしいのです。

 

ですから、司法書士の合格率は毎年3%弱とほぼ横ばいなのですが、合格者数そのものは増加しています。

 

そんなわけで、司法書士試験は近年、レベルが上がっている様ですが、司法書士が出来る仕事の質も変わってきて準弁護士%Iな仕事もできる様になってきました。

 

高学歴が条件の司法試験より、試験レベルは高くても誰でも受験できる℃i法書士試験はチャレンジする価値のある資格だと言えます。

関連ページ

司法書士試験ってどんなことするの?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士試験が難しい理由って?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。