司法書士試験が難しい理由って?

司法書士試験は、かなりの難関国家試験として有名ですね。
合格率でいえば、公認会計士試験や不動産鑑定士試験、弁理士試験などの合格率より、さらに低くなります。
また、偏差値の高い大学の学生でも現役で合格できる人は数パーセントという合格率の低さから、途中で挫折してしまう人も多いのが司法書士試験です。
では、その難しさの理由とは何処にあるのでしょう?
司法書士試験は、
・憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野に関する法令を含む)及び刑法に関する知識
・不動産登記、及び商業(法人)登記に関する知識(登記申請書の作成に関するものを含む)
・供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全に関する知識

 

などがその試験範囲です。
試験範囲がとても広範囲に及んでいるのがわかりますよね。
中でも、不動産登記法、商業登記法などは一般の人には馴染みが薄く、なかなか理解しにくい科目でもあります。
理解しにくいにも関わらず、配点が高い為、この科目がネックとなり、合格率を下げている原因となっているようです。
という事は、逆にあなたが登記業務等に関わっている不動産関係の仕事や、商売をやっているとしたら、不動産登記法や商業登記法などのイメージが掴みやすく、合格する確率も高くなるのではないでしょうか?
司法書士試験は、年齢や性別、学歴に関係なく誰でも受験する事ができます。
もし、あなたが本当に司法書士になりたいと思ったならば、何もかも犠牲にする覚悟で試験勉強に励んでくださいね。

関連ページ

司法書士試験ってどんなことするの?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。
司法書士の合格率ってどれくらい?
司法書士についてどのくらいご存知でしょうか?司法書士自体はそれほど認知されていませんが、その割には難易度の高い国家資格です。そんな司法書士の資格を取得するための基礎知識から勉強法などを紹介しています。